Menu ausklappen

パーソナライズされた]個々の腫瘍遺伝子学に基づくがん治療

NextGen Oncology Group

ネクストゲーンオンコロジー・グループは、効果的な腫瘍学的精密治療のための学術的かつ臨床的基礎の発展に取り組んでいます。腫瘍というのは、指紋のようにとても個々です。がん治療は、この個々の違いが考慮されてこそ効果を発揮するのです。高度で革新的な方法によって、弊社はこの分子の差異を特定します。すべてのゲノム遺伝子の活動規定、次世代突然変異分析、そしてその他多くの方法が、治療の個人化へと向かうためのテクノロジーです

典型的な細胞化学療法は、すでにそのピークを超えました。今や関心の核は、賢明なパーソナライズされたターゲット・セラピーにあるのです。

近代的な分子遺伝学テクノロジーは、個々のセラピーターゲット発見の基礎です。がんワクチン発見の新たな方法に、大きな期待が寄せられています。ヒトゲノム全体の研究を通して、今では完全にパーソナライズしたワクチン生成に適切な、個々の腫瘍の突然変異が明らかになっており、それぞれの腫瘍に合わせた治療が可能です。この新たな治療オプションは、今後のがん患者の治療を根本から変えることになります。

ネクストゲーンオンコロジー・グループは、がん患者にとって革新的な診断方法を提供します。たとえば:

  • Brustkrebs

    乳がん

  • Darmkrebs

    腸がん

  • Kopf-Hals-Tumore

    咽頭がん

  • Magenkrebs

    胃がん

  • Magenkrebs

    食道がん

  • Lungenkrebs

    胸水

  • Sarkome

    肉腫

  • CUP Syndrom

    原発不明がん

  • Hautkrebs

    皮膚がん

  • Lungenkrebs

    肺がん

    .

  • Nierenkrebs

    腎臓がん

  • Pankreaskrebs

    すい臓がん

  • Prostata Krebs

    前立腺がん

がん患者に関する研究

がんゲノムの全体像分析

もっとも多くの遺伝分子検査が取り扱うのが、符号化(エクソン領域分析)によってタンパク質を生成する人間のすべての遺伝子の完全な突然変異分析および全2万におよぶ腫瘍遺伝子の活動規定です。

化学療法および生物製剤への過敏性

検査は細胞への作用と、分離して生息するがん細胞の自然療法薬に大きな影響を及ぼします。

予後予測テスト

分子遺伝学検査は、リンパ節のネガティブおよびポジティブな根本的な乳がんの転移リスクを決定づける際に役立ちます。副次的な化学療法を取り入れるかどうかを決定する助けにもなるのです。

マルチ発がん遺伝子変異テスト (MOMs)

ここでは、さまざまな数多くの突然変異研究を取り扱っています。個々のがんに合わせて、ターゲット・セラピーにとって重要な突然変異検査を確認します。

パンサー・テスト

もっとも広範囲にわたる分子遺伝学検査は、腫瘍の全遺伝子の活動に影響を与えます。第一次乳がんにおける病気のリスク(オンコアッセイスコア)についての供述を可能にし、いくつかの治療法に対応します。どんな腫瘍にも適しています。

プロテアーゼ(uPA/PAI-1)

この検査は、ネガティブリンパの原発性乳がん決定のさらなる進捗に役立ちます。補助的な化学療法を取り入れるかどうかを決断する助けにもなります。

免疫治療

古くからの細胞障害性化学療法は、間違いなくがん治療において大きな功績を挙げました。しかし、このような治療の絶対的効果については、個々のがんバイオロジー次第となります。今日の臨床現場では、これらの治療にはほとんどが定めた狙いがありません。そのことがしばしば患者のフラストレーションを招き、ひんぱんに起こる深刻な細胞への副作用によってそれはさらに増加します。新しく目的にかなった治療(ターゲット・セラピー)とさまざまな免疫治療は、伝統的な化学療法の代替となる可能性を秘めています。がん遺伝子学、免疫調整のシグナル伝達経路、また特にがんの免疫監視環境へとつながるシグナル伝達カスケードについてのより深い理解は、がん免疫治療の復活へつながりました。チェックポイントの抑制、ニボルマブ(アンチPDL-1抗体)といった薬は、がんの免疫防御に対する逃げ道の一つを妨げます。ニホルマブは、ドセタキセルに比べれば、(小さくはない細胞の肺がん)患者に生き延びるメリットを示すことができた最初のPD-1-抑制剤です。この形の免疫治療の目をみはるような成功例は、悪性メラノームにおいても報告されています。学術的および臨床現場におけるネクストゲーンオンコロジー・グループの焦点は、突然変異した新抗原に基づくがんワクチンの発展と利用にあります。目的は個々に合わせた特別なペプチドワクチンの製造です。ワクチンの発展のためには、タンパク質を作るすべてのがん遺伝子が、突然変異についても研究されています (エクソン領域シーケンシング)。がんの中に見つかった遺伝的変化のすべてが、並行してエクソン領域シーケンシングによって血液と合わせて調整されます。これによって、完全にがん特有でパーソナライズされたワクチンに適合する遺伝的特徴が生じるのです。次の段階では、場合によっては、突然変異を含むタンパク質のどの部分が、患者個々の抗原を表すシステム(ヒト白血球型抗原ハプロタイプ)によって防衛細胞に示されるかが分析されます。まさにこの領域があとから作られ、ワクチンとして使用されるのです。個人的ながんワクチンは、基本的には、そのような完全に特別なペプチドのグループ10個までを含有しています。

Handeln Sie jetzt!

お問い合わせへの返信はドイツ語・英語のみ可能となっております。どうぞご了承ください。

お問い合わせの際は、以下の送信フォームまたは下記番号までご連絡ください:

+49 (0)211 – 44 77 4388

bojar@uni-duesseldorf.de


Please check "I´m not a robot" or tyoe in the characters

Please wait...